寝違え

  • 最近寝違えをした
  • 朝起きたら、首を動かすと痛くて動かない
  • 改善すると思ってたが痛みがぜんぜん引かない
  • 寝違えをした後から、首や肩にかけて痛みや違和感がずっと取れない
  • 以前寝違えをした後から、首が動かしづらくなった

眠っていて目が覚めた時、首や肩、背中に痛みが生じるのが、「寝違え」と言われる症状です。 ちなみに寝違えは正式な病名ではなく、正確には「急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)」と言います。

寝違いの症状は軽度なものから重度のものまで様々なものがあり、痛みが強いと日常生活が困難になったり、首が動かなくなることもしばしば出てきます。

寝違えの原因

寝違えの原因

寝違えの原因は様々ですが、中でも多いのが「筋肉への負担」です。
筋肉に負担がかかる原因は、就寝時の寝がえりが少ないことが大きいです。
本来ならば、寝がえりを打つことで首に負担がかからない体勢にすることができますが、寝ている場所が狭かったり、体に力が入って緊張状態だったり、枕が合わなかったりすると、寝がえりできない状態が続きます。

寝返りが打てないと、長時間1箇所に体重がかかり続けている状態が続いてしまい、首や肩につながる筋肉を痛め、起きた時に痛みが生じてしまうのです。

筋肉のつりが原因がほとんど

筋肉のつりの原因は、急激な筋肉の収縮です。長時間にわたって首の位置がおかしな方向にまがったままになると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉のコリが発生します。
起床時、そのような状態で急に頭や首を動かすと、筋肉がつってしまい痛みが発生してしまうのです。

寝違いは必ずしも寝ている間に発生するとは限りません。
起きた後に激しい動きをし、肉離れなどによって寝違えのような症状を起こしてしまう場合があります。
これ「むちうち」です。

最悪の場合、ヘルニアを併発している

痛みが引かずに過ごしていると、それは頸椎椎間板ヘルニアを併発している場合があります。
頸椎椎間板ヘルニアになると、

  • 朝起きると首が痛み、動作が首に響いてつらい
  • 首の痛みが激しく、仰向けで寝たり振り向いたりすることがつらい
  • 長時間同じ姿勢でいると痛みが強くなり、日常生活に支障をきたしている
  • 病院でヘルニアと診断され、処置を受けているがなかなか改善しない

そうなると常に不安が残ったまま生活することになってしまいます。
だからこそ自分自身で判断せずに当院にご相談ください。

寝違えでお悩みならゆうしん整骨院 滝山へおまかせください

問診風景

寝違えでお悩みなら東久留米市滝山にあるゆうしん整骨院 滝山にお任せください。
当院ではどんな痛みでも幅広く対応し相談に乗り分かりやすく説明しております。説明を理解してもらった上でお一人お一人の患者様にあった施術を行ってまいります。

まず、当院独自の検査で現在の症状の原因を明らかにします。
今起きている症状は寝違えなのか、それとも頸椎椎間板ヘルニアを併発しているのかを見極めて施術します。

痛みを我慢せず、お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。心より御来院お待ちしております。

WEBキャンペーン
TEL
LINE
交通事故バナー

アクセス

住所:東京都東久留米市滝山4-1-35

電話番号042-479-4808

受付時間:
9:00~12:00 / 15:00~21:00

休診日:日曜日