ぎっくり腰

  • 突然腰が痛くなった。
  • 物を持ち上げようとして痛くなった。
  • 床のゴミを拾おうとして腰に激痛が走った。

重いものなどを持ち上げた時に、急激な腰の痛みに襲われて時に何日も歩けなくなるような経験をされた方は多いと思いますが、ぎっくり腰は正式には急性腰痛と呼ばれています。
また、動けても急激に痛みが出た場合はぎっくり腰の一つです。

動けなくなてしまう重度のぎっくり腰から、痛みを伴うが動けてしまうぎっくり腰など原因とは。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因は、実はいまだにはっきりとしていません。
重い物を持ち上げた時に起きることがもっとも多いとされていますが、軽く動いただけやお辞儀をしただけなど、起こるきっかけは様々です。
しかしほとんどの方が疲労の蓄積などにより筋肉に負担がかかり起こしてしまいます。

筋肉の疲労でぎっくり腰に

筋肉疲労を起こす原因は主に姿勢不良が原因です。
姿勢が悪くなると上半身を支えようとする腰の筋肉の緊張状態が強くなり、常に力が入っている状態が続きます。

体は常に姿勢を保とうとする機能が働き、意識をしなくても筋肉に力が入り上半身を支えます。
力が入っている状態が続くと筋肉は疲労し、痛みが発生するようになります。

椎間板ヘルニアなどの腰の持病を抱えている人は、比較的ぎっくり腰になりやすいと言われています。無理に体を動かすと患部を悪化させてしまうので注意が必要になります。

ぎっくり腰は、筋肉がけいれんした状態です。日頃から気をつけることは、無理な動きを出来るだけ避け、少しでも腰に違和感を感じた時点で無理をしないことです。しなやかな筋肉や関節の柔軟性が大切になってきます。

ぎっくり腰でお悩みなら当院へお任せください

施術風景

ぎっくり腰でお悩みなら東久留米市滝山にあるゆうしん整骨院 滝山にお任せください。
男性も女性もぎっくり腰になる可能性はありますが、柔軟性の低い男性の方がなる確率のほうが高い傾向にあります。放置しておくとぎっくり腰が慢性化する方もいらっしゃいます。

痛みや歪みは私達の普段の日常生活の積み重ねから起因する事も少なくありません。歩行周期、姿勢、視診、触診等を行い患者様にあった治療計画、指導をさせて頂きます。
痛みを我慢せず、お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

WEBキャンペーン
TEL
LINE
交通事故バナー

アクセス

住所:東京都東久留米市滝山4-1-35

電話番号042-479-4808

受付時間:
9:00~12:00 / 15:00~21:00

休診日:日曜日